忍者ブログ

ライブのツボ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

MIDASというマニアックなバンドはやっぱりPOPで最高!

僕が大好きな京都のドラマー河村さんと一緒に座ったテーブルでこの日のライブはスタートしました。
MIDAS(ミダス)
茨木のイベント「麦音」で出会った右遠さん率いるこのバンド。

右遠英悟(Violin&Vocal)
林 睿昌(Keyboards)
武田 泉(Bass)
逸見 勝(Drums)

いわゆるプログレというのかもしれない。
ただね、僕はこのバンドにプログレという「過去のジャンル」を彷彿させるジャンル名は合わないと思っています。

2回目となるMIDAS&JACK LION主催のIBARAKI ROCK★CITY VOL.2。
1回目と違って僕は今回はお客に徹して見ようと決めていました。だから電車出勤。
リラックスしてフラットな目線でMIDAS体感。
そこに河村さんと一緒という偶然も重なって体制ばっちりなわけです。

で、ライブはというと・・・
そんなことはわかってたけど
1982年に結成から33年は伊達じゃないよ。
やっぱりロックの力を信じさせてくれる音。
それが今日は今まで以上にわかったのです。
こんな人達がこの地元茨木にいること、
そしてその人に今出会えてること、
ライブ中に僕は希望がどんどん膨らんでいくのです。

MCが自然。なごやかなムードで進行していくステージ。
客席の笑顔と的確で圧倒的な演奏力への驚きの連続。

ほんとすごいよ。
ありがとうって言葉が出る。
右遠さん、僕も頑張るよ。


そして、そんな中この方にもやっとお会い出来ました。FM COCOLO DJ 加美幸伸さん。

時間はかかったけどとっても自然。
思い返せは数年前、今沢カゲロウ氏を知ったのも加美さんの番組。その番組からちょっとしてジャックライオンにカゲロウさんから電話がかかってきた。不思議だったなぁ。
みしまりよちゃん絡みでもいろいろあったし。
茨木の端っこ、郊外にあるジャックライオンなんてラジオでアナウンスされることもないし、逆に僕らも何も出来ないからほんとガラパゴスではありますが、こうやって素晴らしいロックをやってるMIDASを通じて音楽を愛して止まない加美さんのような方にお会いでき、またこの場所の空気を吸ってもらえることは僕にとってはほんとうにありがたいことなのです。

これからも真面目にやっていこうと思いますから、加美さんまた来てください。
で、この場所で何かできれば本望です。
茨木の端っこをちょっと気にしててくださいね。
それと、写真を撮る時「親指立てる」のそろそろやめないとダサいかなって思ってたんですが、そうか!人差し指も使えばいいのかって気づかせてもらいましたよ。(コレ使お)

最後にMIDASというマニアックなバンドはやっぱりPOPで最高!
右遠さん、メンバーのみなさんありがとうございました。
PR
ライブのツボ

ヒゲおやじ的おすすめライブ紹介&レポ

ブログ内検索

アーカイブ
カウンター
アクセスカウンター
Design up blog - テンプレート
忍者ブログ [PR]

Powered by 忍者ブログ
Copyright © jacknohigeoyazi.All Rights Reserved.