忍者ブログ

ライブのツボ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

NAOH meets 塩次伸二

NAOH meets 塩次伸二
 FUNKY FUNKY NIGHT

◆7/8(Sun)at JACK LION
NAOH meets 塩次伸二 FUNKY FUNKY NIGHT
     member : NAOH(sax) 清水武志(key) 笠松としや(b) 永田充康(ds)
     guest : MITCH(tp)
     special guest : 塩次伸二(g)
Open18:30/Start19:00

どんなんなんねん?!ファンキーで・・・ブルージーで・・・ほどよくゆる~くて・・・そんな感じなのか?!!!
メンバーから想像するにこいつぁヤベェ!あらゆる角度から攻めてこられるぞ!

そんな個性たっぷり、持ち味どっぷりなゴキゲンな豪華メンバーが一気にジャックへ乗り込んでくる!
このメンバーには気をつけろ! いい気分で呑まされちまうぞ!!
ゲストギタリストがなんと!日本のスーパーブルースギタリスト“塩次伸二”氏だぁ!!!



NAOH(sax)


MITCH(tp)


塩次伸二(g)

塩次伸ニ(ギター、作編曲)プロフィール

1951年福岡県に生まれる。
'71年京都にて"ウエスト・ロード・ブルース・バンド:"結成。(初期メンバーは、年永井“ホトケ”隆Vo 、塩次伸二G 、山岸潤史G 、小堀正B 、松本照夫Dr)*Drの松本さんは金子マリPresents 5th element willでジャックでもおなじみ。
'72年のB.B.キング大阪公演のオープニング・アクトを始めとし、精力的な活動で一躍日本中にブルース・ブームを巻き起こす。同時にバーボン・レコードより『ブルース・パワー』("74年) 『ライヴ・イン・京都』'75年)などのアルバムをリリース、ブルース・ミュージックに対する深い造詣とフィーリングに満ちたプレイに高い評価が集まる。

'75年ソロ活動に入る。
"しいちやんブラザーズ"、 "ダウンホーマーズ"などへの参加を始め、 '79年の渡米では、サンフランシスコ・ブルース・フェスティバルにも出演、地元音楽誌の賞賛を受ける。
さらにジャンルを越えたさまざまなアーティストとのレコーディング、セッション等に数多く参加。
深いブルース・フィーリングに対する信頼は厚く、国内アーティストのみならず、故バレリー・クイントン、シル・ジョンスン、エディ・クリア・ウオーターなど海外のアーティストからも絶対の信頼と評価を得る。

'87年初のソロ・シングル『ビッグ・タウン・ブルー』をリリース。さらに'90年のネルソン・マンデラ氏来日歓迎コンサートでは音楽制作監督を務めるなど、演奏活動だけではない幅広い活動を展開。
'93年初のリーダーズ・アルバムである『クッキング・クイズB-3』をリリース。チャールズ・アーランドと共演。
'95年『WESTROAD BLUES BAND LIVE IN NEWYORK』リリース。
'96年『BLACK MUSIC FROM JIROKICHI』をリリース。
'98年にはTV番組「神々の宴」でB.B.Kingと共演する。
'99年バーナード・バーディーのエディユケーショナル・コンサートにミュージシャンの強い要望により参加。
2000年、崔洋一監督の出演するNHKの番組「古都が生んだブルース」に70年代ブルースの立て役者として出演。
2002年、奥田瑛二、桃井かおり、内藤剛志出演の映画《リバイバル・ブルース》の出演とサントラを手掛ける。

塩次伸ニオフィシャルサイト:http://www.ss335.com/



塩次さんライブ映像。もう一人のギターはAMIGO’Sの田中晴之さん、そしてベースが同じくAMIGO’Sの山田晴三さんやん!
PR
ライブのツボ

ヒゲおやじ的おすすめライブ紹介&レポ

ブログ内検索

アーカイブ
カウンター
アクセスカウンター
Design up blog - テンプレート
忍者ブログ [PR]

Powered by 忍者ブログ
Copyright © jacknohigeoyazi.All Rights Reserved.