忍者ブログ

ライブのツボ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Coolkids2007/大人な事情

舞台裏でインタビューとかしてる時の「マキシム★とまと」の大石くんは、ふざけてばっかりで、「このインタビューは放送で使いにくいなぁ、困ったなぁ」って思ってたんです・・・。

これは27日のCoolkids 2006 FINAL at BIG CATに取材に入ったテレ朝ストリート・ファイターズの取材クルーの言葉。
そう、このイベント、一年を通して予選を繰り返し、年に一度の決勝を迎えるトーナメント形式の高校生勝ち抜きイベントで今回が5年目。どこかで嗅ぎつけた番組制作会社からの取材の申し入れがあったんです。
その決勝大会が3月27日心斎橋のビッグ・キャットで行われました。

決勝に進んだ6バンドのライブが終わり、いよいよ結果発表です。
発表は「各個人賞」と「グランプリバンド」。
ところが、結果発表でさっきのふざけてばっかりの緊張感なさそうに映ってた大石が「ベストドラマー」の発表を受けた途端、ステージ上で大きく泣き崩れたんですよね。
これには、その姿を現場でカメラ越しに見た取材クルーが驚いたわけです。
「うわっ!」ってね。
そう、ここで初めてこのクルーもほんとの意味でCoolkidsへのみんなの意気込みとその空気に気が付いたわけですよ。
「いままでいろんな高校生イベント取材してきましたけど、こんな感覚は初めてです。」と彼。

そう、ここには一見わからづらい「最近の高校生」の「マジな一生懸命」がいっぱいいっぱい詰まってるんです。
だから、へんに「演出」もしないのに、あの結果発表の時の出演者・オーディエンス隔たり無い笑顔と涙があるんですよね。


それは、もしかしたらこのイベントだけの特有のものなのかも知れませんね。
Coolkidsには何のしがらみも裏事情もありません。ほんとにほんとに純粋なのです。
純粋でなければ、これからのロックシーンを作ってくれるような若者は育たないと思ったんです。それがCoolkidsを始めたきっかけなのです。
ここでは「大人な事情」は邪魔なのです。
結果発表の時、俺達はステージに上がるわけですが、そのステージには喜びの涙と笑顔、そして悔しさに満ちた若い若いバンドマンの顔があふれています。
そして、ステージから見た客席にも同じ涙と笑顔がいっぱいなのです。
ええぞっ!一生懸命な高校生!!


日本をおかしくしてるのは「大人な事情」ではないのかって・・・ふと。
PR
ライブのツボ

ヒゲおやじ的おすすめライブ紹介&レポ

ブログ内検索

アーカイブ
カウンター
アクセスカウンター
Design up blog - テンプレート
忍者ブログ [PR]

Powered by 忍者ブログ
Copyright © jacknohigeoyazi.All Rights Reserved.